指標が示すものの見かた

以前、指標の概要を書いてたのでその意味も記しとく。
かなり前の話だけど下書きのまま寝らせとくのもあれなので。

PERは現在の期待度

時価総額に対する純利益の倍率。
何年で元が取れるかを示す、はずなんだけど利益は変動が大きいので、PERの意味合いは現在の期待といえる。

PBRは過去の評価

時価総額に対する純資産の倍率。
PBRが高いということは純資産以外の資産を含んでいることになる。
BSに含まれないブランド、ノウハウ、経営能力が評価され、結果的に加算された値になる。ただ評価されただけで。

ROEは未来の指標

純資産に対する純利益の割合。
ROEが高いということは、経営者は自社のお金を効率よく使って稼いでいる、あるいは配当、自社株買いによる還元という経営の姿勢が窺える。

PBRは低い方と高い方どちらが良いか

「一般的にPERが同じならPBRは低い方がパフォーマンスは良い、という統計がある」ことを置いておきたい。
とはいっても手元にそれを示すデータがないので説得力に欠けるのだけど、仮に提示できたも所詮過去のデータであり今後も成り立つことを証明することにはならないので、各指標から演繹する。

PERが同じならば

PBRとROEは比例する。

例)利益予想が半減となる下方修正で株価が1/2になった場合
修正前:利益10億、時価総額200億、純資産100億
PER 20倍、PBR 2倍、ROE 10%

修正後:利益5億、時価総額100億、純資産100億
PER 20倍、PBR 1倍、ROE 5%

演繹

実際に株価が半分になるかどうかは置いといて、文章上PBR=ROEと置き換えることができる。
ここでROEを上げるまたは高い値で維持するには、既存・新規事業への投資、あるいは配当による余剰金の還元などを継続的に行うことが必要になる。
資金を飼殺しにするのではなく活き金として使わなければならないので難しい。

つまり低PBRの方が上がりやすいのではなく、一度軌道に乗った高PBR企業の方が落ちやすいので
「一般的(成長・景気循環・衰退企業をひっくるめた場合)にPERが同じならPBRは低い方がパフォーマンスは良い」
ということになる。
期待値を上げるための低PBRではなく、期待値を下げないための低PBRである。

PERは低い方と高い方どちらが良いか

一般的に期待が高ければ高いほどそれ相応の利益を上げる必要があるため、低い方が良い。
低PBRと同様に、下にブレる幅が少ないという意味で。
「一般的に」というだけで、特徴的な銘柄もある。

成長企業

市場から妥当な評価を付けられる前の低PERの段階に思惑で評価する。
低PERの段階というのが本当に低PERなのかは結果論。

景気循環企業

株価は業績の先回りをし、高PERで底打ち、低PERで天井となる。

衰退企業

再生を狙い、V字回復をする直前に最も低PERとなる。

結語

低PER、低PBRだからと言って上昇しやすいわけじゃない。

余談

予想修正前後ではどちらがお買い得か、ときかれたら修正後とはならない。
見るべきはPBR(過去に築き上げたもの)ではなくROE(将来を示す経営能力)もしくは将来のPBRの推移となる。
それともう一つ、株価は景気の先行指標である。

About houzkin

Leave a comment

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)