財務データから株価を見る

指標説明

企業の価値

企業が解散した場合、純資産は株主のものとなるため計算上ではBPRは1倍で現在の株価=BPSとなる。
計算上ではというだけで、実際には不良資産による1倍割れ、付加価値によって高PBRとなる。

株価が上がるとは

上記より

が成り立つ。
株価が上昇したならば、結果としてEPRが上昇した、EPSが上昇した、の二通りが考えられる。
その過程を株価:1000円、EPR:10倍、EPS:100円のA社を例にする。

1.好材料によって株価が上昇する場合

10年塩漬けで回収できる株価が好材料によって、もっと短期間での回収が可能であると期待される。

EPRが上昇

2.A社が成長して株価が上昇する場合

業績から利益の上昇が見て取れる。

EPSが上昇

1.の場合をいわゆる人気投票で短期間上昇する材料株、2.の場合を長期間上昇する成長株と分類する。

成長過程

以降、2.の成長株を対象として進める。

サスティナブル成長率

企業価値の持続可能な成長率のことで、ROEや配当性向、財務レバレッジ一定とした条件での、1株あたり利益(EPS)の成長率を示す。
つまり内部の投資だけで最低限実現してほしい成長率となる。

例を示すと、ROE:20%、配当性向:40%の場合、サスティナブル成長率は12%。

今期 来期 以降
投下資本 1000 1120 +12%
利益 200 224 +12%
配当 80 89.6 +12%
内部保留 120 134.4 +12%
期末資本 1120 1254.4 +12%

成長に伴う株価の上昇

成長によって増加した資本は自己資本に上乗せされる。
よってROEが高く配当性向が低いほど速いスピードでBPSが上昇し、株価の底上げ要因となる。

About houzkin

Leave a comment


*