InvokeCommandAction

This entry is part 4 of 5 in the series Livet要点整理

ViewModelがコマンドとして公開している処理をイベント発行時に実行させるための機能。

InvokeCommandActionを使わない例

従来通り、コマンドをバインドする。

テキストボックスに色の名前が入力されたらボタンがクリック出来るようになり、ボタンのテキストに反映可能。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

InvokeCommandActionを使った例

ViewModelは変更を加えず、Text変更時のイベントにInvokeCommandActionを使用してCommandを処理する。

20161219
ボタンをわざわざクリックする必要がなくなる。

Series Navigation<< トリガーとトリガーアクションCallMethodAction >>

About houzkin

Leave a comment


*