ベア型ファンドを買ったこと

今年の1月終わりごろからベア型のファンドを少しずつ買ってきた。

理由はその時点で日経平均のトレンドが変わったんじゃないかと思ったから。
原油価格の下落とかあったけどそれよりもチャートと相場の雰囲気から判断した。
とはいえ確信があったわけではなく、まだ上昇トレンドが継続するならすぐに手放そうと思ってた。

それからかれこれ3か月、今でも判断は変わらず買い増ししてるけど予想以上にメンタルにくる。
ファンドを買い始めた直後に読んだ「ウォール街の物理学者」のドラゴン・キング理論ってのがいくらか気休めになってると思う。

現時点ではっきりしている失敗は買付のタイミングがあまりよろしくなかったこと。
一旦落ち始めるとこのまま落ちてしまうんじゃないかと思ってつい手を出してしまうことがあった。
で、しっかり反発するという間抜けっぷり。
定期的に機械的に分割して買い増していくのが良いのかもしれない。
手数料がバカにならないこの場合は、ETFにしとくか大きく上がったときだけ限定で買い増す、というようにしっかりルールを決めとくべきだった。

About houzkin

Leave a comment


*